概要

スムガイト(Sumqayıt)は、ソ連時代の当時最大の産業志向の都市の1つです。重工業から中規模の工場は90近くありましたが、現在は5つか6つしか残っていません。この都市は、人々への汚染の影響を最小限に抑えるために、工業地帯から3〜4 km(1.8〜2.5マイル)離れた1950年代に計画および建設されました。そのため、都市の海岸線は非常に多くの緑地で構成されています。

行き方

バクーからバスまたはタクシーでスムガイトに行くことができます。ガソリンの価格はアゼルバイジャンの水価格と同じくらい安いので、タクシーでバクーからスムガイトへの向かうには、推定コスト5 Shirvan(10AZN)くらいで行くことができます。タクシードライバーと交渉してもっと安く行くこともできます。

もっとも汚染された街の一つ

スムガイト(Sumqayıt)は 2007年に、「最も汚染された街」の一つとされました。

スムガイトは、工業用および農薬を製造する40以上の工場を収容する主要なソビエト産業の中心地でした。これらには、合成ゴム、塩素、アルミニウム、洗剤、および農薬が含まれていました。工場は完全に稼働し続けましたが、年間70〜12万トンの有害な排出物が大気中に放出されました。環境と労働安全衛生を犠牲にして最大の低コストの生産に重点が置かれているため、産業は都市をひどく汚染したままにしています。工場労働者と都市の住民は、数十年の間、高レベルの職業的および環境的汚染問題の組み合わせにさらされてきました。

未処理の下水と水銀で汚染されたスラッジ(クロールアルカリ産業から)は、無計画に投棄され続けています。汚染防止、時代遅れの技術、蓄積された産業廃棄物の不適切な処分と処理の継続的な欠如は、市を悩ませている問題のほんの一部です。

 

住所

スムガイト, スムガイト, アゼルバイジャン

Follow us
動画
mood_bad
  • No comments yet.
  • レビューを追加する