概要

バクー(Baku)はアゼルバイジャンの首都で最大の都市であり、カスピ海とコーカサス地方で最大の都市です。バクーは海抜28メートルに位置し、世界で最も低い国の首都であり、海面下に位置する世界最大の都市でもあります。アブシェロン半島の南岸、バクー湾沿いにあります。2009年の初め、バクーの都市人口は200万人強と推定されていました。公式には、国の全住民の約25パーセントがバクーの大都市圏に住んでいます。

バクーは11の行政区(ラヨン)と48のタウンシップに分かれています。これらの中には、バクー群島の島々の町や、バクーから60キロ離れたカスピ海の高床式に建てられたオイルロックの町があります。バクーの都心部は、シルヴァンシャー宮殿、乙女の塔とともに、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。ロンリープラネットのランキングによると、バクーは都市のナイトライフの世界トップ10の目的地の1つでもあります。

この都市は、アゼルバイジャンの科学、文化、産業の中心地です。世界のトップ100企業の1つであるSOCARを含め、多くの大規模なアゼルバイジャンの機関が本社を置いています。バク国際海上貿易港は、年間200万トンの一般貨物とドライバルク貨物を取り扱うことができます。近年、バクは国際的なイベントの重要な会場となっています。2012年に第57回ユーロビジョンソングコンテスト、2015年ヨーロッパ競技大会、2016年ヨーロッパグランプリを開催し、UEFAユーロ2020を開催されました。

住所

バクー, アゼルバイジャン

Follow us
動画
  • A.T.
    2021年1月30日 at 11:30 AM

    留学中のルームメイトがアゼルバイジャン人だったので一度バクーに遊びにいったことがあります。思ったよりも治安はよさそうでしたら、やはり夜は一人で歩くのは怖いですね。物価は安かったです。

    全体 (悪い ↔ 良い)

    治安 (悪い ↔ 良い)

    物価 (高い ↔ 安い)

    国民性 (悪い ↔ 良い)

レビューを追加する